教える技術


塾講師に必要な教える技術。教えるのが上手な人は、生徒にも重宝されますし、塾からすると仕事ができる人と重宝されます。 お互いにとって良いのです。話すスピードはどうですか、速すぎず遅すぎず適度なペースですか。 話方はどうですか、淡々と話してませんか、モゴモゴと白板やよそを向いて話していませんか。


白板に文字や数式を書きまくってひたすら、一方的な講義をしていませんか。 人の記憶の定着には色々あります。 書いたり、声に出して覚える人もいれば、視覚的にイメージで覚える人もいます。 前者は繰り返しが必要で後者はインスピレーションです。


講義の場合はどちらかというと、後者が大事です。短時間で印象を与えて、重要なことを覚えさせるのです。 それには、視覚、聴覚を刺激させるといいですよね。文字の羅列では分かりにいくいことが、図にしたら一発で理解できるというのが良い例ですね。 単調にならないように、声のトーンを変えるなど。分かりにくい事を分かり易く伝えるにには、比喩や身の回りのことや想像しやすい事象を例に出して説明する、など。 これらは、子供よりこも経験を多くしている大人の方が上手いはずです。間違ってはいけないのは、誇張ではなく的確に伝えるということです。